労働者教育協会のブログ

生きにくいのはあなたのせいじゃない。

選挙だからこそ学習しよう─ロシアのウクライナ侵略を糾弾する

 『学習の友』2022年4月号に掲載した編集部名の文章を転載します。

 開戦から4ヵ月以上が経ち、さらに突っ込んだ分析が必要ですが、この文章で整理した方向性に何度でも立ち返ることが重要でしょう。

 

**********

 

ロシアのウクライナ侵略を糾弾する

『学習の友』編集部

 

◆核威嚇もふくむ無法行為

 

 

しんぶん赤旗』2022年2月26日

 

 

 ロシアが隣国ウクライナに侵略を開始(2月24日)し、子どもをふくむ多数のウクライナ人が殺されています。こともあろうに、ロシア軍は3月4日、欧州最大規模とされ


ウクライナ南東部のザポロジエ原子力発電所原発)までも攻撃・占拠しています。幸いにも原子炉には着弾しなかったものの火災が発生。予断を許さない状況がつづいています。

 またロシアは、核兵器大国であることを誇示し、核兵器禁止条約で禁止されている核威嚇にもふみだしています。ロシアのプーチン大統領は2月27日、自らの核戦力を念頭に「ロシア軍の抑止戦力を特別戦闘任務態勢に置く」よう命令しました。

 ウクライナ人の生命と安全をまもるために、一刻もはやくロシアに侵略をやめさせなければなりません。国際社会の一致団結した行動がもとめられています。

国際法上の根拠がない主張

 プーチン氏はウクライナ侵略を正当化するための口実として、米国主導の軍事同盟・北大西洋条約機構NATO)の脅威、ロシアが「独立」承認したウクライナ東部地域からの要請、ウクライナは独立国ではなくロシアの一部、などとのべています。しかし、いずれも国際連合(国連)憲章にてらして認められない主張です。

 ウクライナNATO非加盟のうえ、NATOウクライナに派兵しているわけでもありません。ウクライナ東部地域の「独立」も国際的には不承認です。またウクライナも、1991年のソ連からの独立が国際的にも承認され、現在にいたっています。つまり、どの主張もロシアの勝手な言い分にすぎず、国際法上の根拠はないのです。

◆世界中でロシアに抗議

 国連憲章のもとで国際平和に主要な責任をもつ安全保障理事会安保理)でウクライナ問題が協議されてきました。しかし、安保理常任理事国でもあるロシアの拒否権発動でロシア非難決議は採択できませんでした。

そこで、安保理が機能できないときに国連総会をひらいて「軍隊の使用」をふくむ集団的措置をとるとした1950年の「平和のための結集」決議にもとづき緊急特別会合を開催。加盟国193ヵ国の7割超となる141ヵ国の賛成でロシア非難決議が採択されました(3月2日)。

「ロシアは侵略をやめろ」という抗議の声は世界中にひろがっています。ドイツの首都ベルリンでは10万人以上が抗議行動に集まり、ロシア国内でも弾圧に抗して各地でデモがおこなわれ、侵略を開始した2月24日には53都市で反戦行動がありました。

憲法第9条いまこそ旬

 日本でもロシアへの抗議行動がひろがっています。しかしその一方で、一部メディアや政治家らが「憲法第9条では日本をまもれない」「国連は無力だ」などと主張しています。安倍晋三元首相にいたっては、アメリカの核兵器を日本に配備して共同運用する「核共有」を議論すべきなどと発言し、これに日本維新の会などが同調しています。

戦争違法化・武力行使禁止という国連憲章の原則的立場を継承し、さらに徹底させたのが日本国憲法第9条です。それは、「二度と侵略国家にならない」ために、戦争も戦力も放棄して世界平和の実現にむけて先頭にたつことを決意したものです。南シナ海での中国との領土紛争の平和的解決をめざすなど、本気で戦争放棄を追求する東南アジア諸国連合ASEAN)とも連携して、いまこそ第9条をフル活用すべきです。

(2022年3月7日記)

 

**********

 

2022年度・勤労者通信大学受講生募集中!(9月末まで)

“知を力”に、労働組合運動をはじめとする社会運動、市民と野党の共闘を前進させ、参院選自公政権を追い詰めよう!

 

f:id:gakusyu_1:20220314164156j:plain

 

受講申込・資料請求・各種お問い合わせ・学習相談は下記まで。

kin@gakusyu.gr.jp

 

**********

 

『学習の友』別冊「気候危機・感染症・環境破壊を考える」絶賛発売中!

f:id:gakusyu_1:20210708141224j:plain

f:id:gakusyu_1:20210708141235j:plain

ご注文・お問い合わせ・学習相談は下記まで。

tomo@gakusyu.gr.jp

《勤通大3コースのススメ》確信を持って労働組合活動を前進させるには、勤労者通信大学受講が不可欠

 『学習の友』2022年6月号掲載の文章を転載します。

 漢字とかなの統一など、体裁上の問題で一部修正してあります。

 

**********

 

《勤通大3コースのススメ》
確信を持って労働組合活動を前進させるには、勤労者通信大学受講が不可欠
労働者教育協会常任理事(JMITU顧問) 生熊茂実

◆壁にぶつかった時に大事なこと
 みなさん、ときどき「こんなに一所懸命やっているのに、協力してくれる仲間が増えない」、「がんばってもなかなか成果が見えない」と考えるときはありませんか。私は長い間労働組合活動をしてきましたが、「がんばって活動していた若者が、いつの間にか、いなくなった」、また「仲間を説得できない」などと自信を失いそうになる仲間を見てきました。あらためて、労働組合活動に確信を持ち続け、前進させるためには、どんなことが大事なのか考えてみます。
 こんな経験があります。JMITU組合員が圧倒的少数での職場では、定年後再雇用者の賃金が月17万0100円」と、きわめて低い状態でした。しかも62歳にならないと厚生年金の一部支給が出ないように改悪されていたときでした。「退職金を取り崩さなければ生活できない」というほどの低賃金です。ところが「再雇用は個別契約」などと経営者に言われ、組合員でさえ賃上げをあきらめていました。
 私はそれを聞いて、①こんな低賃金では、「定年後再雇用者の賃上げ」が第2組合員をふくむ再雇用者の圧倒的な要求になること、②この再雇用者賃金は、地域のJMITUのなかでも最低であること、③厚生年金の一部支給が出なくなる前に決められた賃金であり、制度矛盾が明確であることなどから、絶対に大幅賃上げが実現できると励ましました。そしてJMITUの「産別交渉」で経営者に迫る支援をおこなった結果、一挙に3万円賃上げを実現しました。その後も、さらに1万円引き上げるという結果もつくっています。ことしの春闘時には、この職場で第2組合員から「JMITU組合員がいるから会社もある程度の賃上げ回答をする、ありがとう」と言われるまでになりました。

◆法則をつかめば可能性は広がる
 多くの仲間が、こういう事実を知っていたのに、なぜとりくまなかったのだろうか。私は、単に労働組合活動を積み重ねているだけでは踏み切れなかったのだと感じました。再雇用労働者の生活や仕事上での矛盾をしっかり分析し、非組合員もふくめて大きな団結がつくれる、社会的にも大きな支持がえられるという確信をつかめなかったからなのだと思います。
 社会と職場の矛盾と動きをしっかり分析する「分析力」、そして、大衆運動や職場世論への確信を持つ理論の力と結びついたからできたのだと思います。ものごとは固定的でなく動き続けているという哲学的なものの見方、うまくいかないことは多いけれど、運動すれば、ある期間の後には、必ず社会や経営者を動かすという階級闘争の理論などが土台にあって生まれた確信です。それが運動することによって成功し結実したものだと言えます。
 労働組合運動でも社会運動でも、うまくいくことは、そんなに多くありません。しかし「法則」を身につければチャンスをつかめる可能性は大きく広がります。ジグザグの道ではあるけれど、長い目で見れば必ず前進します。労働組合活動家には、ぜひこういう確信を持ってほしいのです。そのためには社会の根底の流れを体系立てて学習できる勤労者通信大学で学ぶことが不可欠です。

◆勤通大学習にぜひ挑戦してほしい
 勤労者通信大学には、「入門コース」「労働組合コース」「基礎理論コース」の3つのコースがあります。入門コースは社会のしくみを学ぶ入口です。労働組合コースは労働組合運動の原則や基本を系統的に学び、全労連「わくわく講座」とつなげて学べます。基礎理論コースは資本主義社会のしくみや矛盾の解決方向を体系的に学びます。3コース一体に学ぶことで、社会を変える展望を深くつかめます。みなさんの関心に合わせて、ぜひ挑戦してほしい、そう強く願っています。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 各コースの詳細につき、この間ブログにアップしてきた記事ののリンクをあらためてはっておきます。

 基礎理論コース

 入門コース

 労働組合コース


 ウェブサイトにアクセスしていただければ、入学案内リーフなど各種資料がダウンロードできますし、申込フォームもあります。
 また、スクーリング動画(2020・2021年度)もありますので、ご活用ください。

 

**********

 

2022年度・勤労者通信大学受講生募集中!(9月末まで)

“知を力”に、労働組合運動をはじめとする社会運動、市民と野党の共闘を前進させ、参院選自公政権を追い詰めよう!

 

f:id:gakusyu_1:20220314164156j:plain

 

受講申込・資料請求・各種お問い合わせ・学習相談は下記まで。

kin@gakusyu.gr.jp

 

**********

 

『学習の友』別冊「気候危機・感染症・環境破壊を考える」絶賛発売中!

f:id:gakusyu_1:20210708141224j:plain

f:id:gakusyu_1:20210708141235j:plain

ご注文・お問い合わせ・学習相談は下記まで。

tomo@gakusyu.gr.jp

選挙だからこそ学習しよう─自衛隊の存在をどう考えるか

勤労者通信大学・入門コーステキストから、該当項目の文章を紹介します。
 ブログへの掲載にあたり、とくに重要な部分にアンダーラインを伏したり、色付きにました。
 
**********
 
 自衛隊の存在について、どう考えたらいいのでしょうか。
 憲法第9条があるにもかかわらず、陸上自衛隊14万人、海上自衛隊4万人、航空自衛隊4万人など合計23万人の隊員がおり、戦闘機や護衛艦、戦車などをもつ世界でも有数の武力を持った組織です。
 これは国際紛争の解決のためではなく「わが国を防衛するための必要最小限度の実力組織」であって、第9条第2項で「保持しない」とされている「陸海空軍その他の戦力」ではないと、政府は説明してきました
 自衛隊は、災害救助などに駆けつけることがありますが、それは本来任務として位置づけられてはいません。

 政府は、自衛隊専守防衛のためのものであり、海外での武力行使集団的自衛権の行使、国連軍への参加はできないという「3つのルール」をつくってきました
 このルールを破ったのが安保関連法でした
 日本が攻撃されていないにもかかわらず、アメリカ軍が攻撃されたらその敵とたたかうという集団的自衛権が「限定的」としながらも行使できるようにし、他国の軍隊への兵たん(燃料の補給など)活動、国連平和維持活動(PKO)における武力行使などが可能とされたのです。
 集団的自衛権の行使を「限定的」としたのは、憲法第9条第2項があるため、自衛隊が海外で何でも無制限にできるようにはなっていないからです。
 この制限をとり払い、海外での武力行使を可能にするために自衛隊を第9条に明記しようとする改憲の動きが強まっています
 第9条を骨抜きにして、海外で本格的に武力が使えるようにするというねらいです。

 すでに自衛隊は世界有数の「実力」を備えた軍隊であり、事実上の「戦力」であることは明らかです。
 しかも、1950年代に「米軍が自衛隊を指揮する」という密約がかわされており、アメリカ軍に従うようになっています。
 安保関連法も、アメリカとの合意(日米新ガイドライン)を法律にしたもので、アメリカの要求にこたえたものです。
 こうした実態にある自衛隊を、憲法に明記して本格的な軍隊にすることは、日本がアメリカの戦争に巻き込まれる危険を高めるだけです

 憲法第9条に従えば「戦力」を持つことはできません。
 大事なことは、憲法の「平和をつくる力」を活かして、日本の平和と安全を守るという方向を追求することです。
 これまでの「3つのルール」を守り、日本の周辺で起きている危険な動きや紛争を外交で解決し、問題が起きれば対話で解決するしくみをつくって友好関係を促進していくことが重要です
 自衛隊アメリカに従うというしくみをなくし、軍備の縮小をめざす必要もあります。
 こうして、国民の多くが「武力によらなくても平和を守ることができる」と考え、自衛隊が必要でなくなる方向にすすむことができます。

 現実にあわせて憲法の条文を変えるのではなく、憲法の理念を活かして現実を変えていくという努力こそが求められているのではないでしょうか
 

**********

 

2022年度・勤労者通信大学受講生募集中!(9月末まで)

“知を力”に、労働組合運動をはじめとする社会運動、市民と野党の共闘を前進させ、参院選自公政権を追い詰めよう!

 

f:id:gakusyu_1:20220314164156j:plain

 

受講申込・資料請求・各種お問い合わせ・学習相談は下記まで。

kin@gakusyu.gr.jp

 

**********

 

『学習の友』別冊「気候危機・感染症・環境破壊を考える」絶賛発売中!

f:id:gakusyu_1:20210708141224j:plain

f:id:gakusyu_1:20210708141235j:plain

ご注文・お問い合わせ・学習相談は下記まで。

tomo@gakusyu.gr.jp

参院選で市民と野党の共闘を前進させるためにも、勤労者通信大学の学習をひろげよう!(再々々掲載)

 ひろがる貧困と格差、生きづらい社会が目にみえ、近年は世界的にも資本主義の限界が指摘され、資本主義を乗り越える未来社会への関心が高まっています。

 勤労者通信大学(勤通大)は、科学的な基礎理論を学ぶことをとおして、矛盾にあふれる現代の本質をとらえ、「生きやすい」社会をつくっていくことをめざしています。
 そして日本の職場、社会、政治を国民本位に変えていくための、労働組合の活性化と日本国憲法の大切さも学びます。

 あなたもご一緒に学び合う仲間になりませんか?

 

 今年度の受講生募集は、9月末まで延長することになりました。

 コロナ禍で労働や生活の疲弊がさらに強まっていること、ウクライナ危機に乗じた9条改悪や「核共有」論などの危険な策動が強まるなか、この7月には参院選もあり、ますます学習の重要性が高まっています。

 参院選の公示日は、いよいよ明日6月22日。

 そして投票日は7月10日(日)です。

 

 学びつつたたかい、たたかいつつ学ぶことが重要です。

 ぜひ多くの受講を!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

情勢の複雑さに負けない根本的な学習を!
勤労者通信大学学長 山田敬男

 自公政権とその補完勢力によって、憲法と民主主義が危うくなり、国民の“いのちと暮らし”が土台から壊されようとしています。

 これをくいとめ、人間らしく生きられる社会を実現するには政権交代しかありません。
 政治を変える力は、「市民と野党の共闘」にあります。

 この「共闘」を発展させるためには、政治を変える力を再構築することが必要だということを、あらためて実感しています。

 いま大事なことは、情勢の複雑さに負けず、社会や政治に真正面からむき合い、その変革に動きだす“行動する知性派”集団を職場や地域につくりだすことです。
 そのためには、深いところからの根本的な学習が必要です。

 勤労者通信大学(勤通大)では、「ものの見方・考え方」「社会や経済のしくみ」「現代社会と社会変革の道すじ」「労働組合運動の法則的発展」などを学び、真実を見抜く力を身につけることがめざされています。
 矛盾だらけの世の中をどうするのか、私たちの未来をどのように展望するのか、みなさんとともに勤通大の3つのコースで考えたいと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 各コースの詳細につき、この間ブログにアップしてきた記事ののリンクをあらためてはっておきます。

 基礎理論コース

 入門コース

 労働組合コース


 ウェブサイトにアクセスしていただければ、入学案内リーフなど各種資料がダウンロードできますし、申込フォームもあります。
 また、スクーリング動画(2020・2021年度)もありますので、ご活用ください。

 

**********

 

2022年度・勤労者通信大学受講生募集中!(9月末まで)

“知を力”に、労働組合運動をはじめとする社会運動、市民と野党の共闘を前進させ、参院選自公政権を追い詰めよう!

 

f:id:gakusyu_1:20220314164156j:plain

 

受講申込・資料請求・各種お問い合わせ・学習相談は下記まで。

kin@gakusyu.gr.jp

 

**********

 

『学習の友』別冊「気候危機・感染症・環境破壊を考える」絶賛発売中!

f:id:gakusyu_1:20210708141224j:plain

f:id:gakusyu_1:20210708141235j:plain

ご注文・お問い合わせ・学習相談は下記まで。

tomo@gakusyu.gr.jp

次回(7月)の『学習の友』ファンクラブ・オンライン読者会

 次回の『学習の友』ファンクラブ・オンライン読者会のフライヤーができました。

 

 

 ぜひ多くの参加をお願い致します。

 

*入室アドレス

https://us02web.zoom.us/j/87259773899?pwd=Snlvcm1SdkptYzRzazdmY1dBbjlXdz09


ミーティングID: 872 5977 3899
パスコード: 490995

 

**********

 

2022年度・勤労者通信大学受講生募集中!(9月末まで)

“知を力”に、労働組合運動をはじめとする社会運動、市民と野党の共闘を前進させ、参院選自公政権を追い詰めよう!

 

f:id:gakusyu_1:20220314164156j:plain

 

受講申込・資料請求・各種お問い合わせ・学習相談は下記まで。

kin@gakusyu.gr.jp

 

**********

 

『学習の友』別冊「気候危機・感染症・環境破壊を考える」絶賛発売中!

f:id:gakusyu_1:20210708141224j:plain

f:id:gakusyu_1:20210708141235j:plain

ご注文・お問い合わせ・学習相談は下記まで。

tomo@gakusyu.gr.jp

勤労者通信大学:2022年度スクーリング動画第1弾!

 勤労者通信大学スクーリング動画(2022年度)の第1弾を公開しましたので、ぜひご活用ください。

 第1弾は、労働組合コース「日本国憲法と人間らしく働くルール」(講師:青龍美和子〈労働者教育協会常任理事・弁護士〉)です。

 以降、随時更新していく予定です。

 それまでは、昨年度までの動画もご活用ください。

 

www.gakusyu.gr.jp

 

**********

 

2022年度・勤労者通信大学受講生募集中!(9月末まで)

“知を力”に、労働組合運動をはじめとする社会運動、市民と野党の共闘を前進させ、参院選自公政権を追い詰めよう!

 

f:id:gakusyu_1:20220314164156j:plain

 

受講申込・資料請求・各種お問い合わせ・学習相談は下記まで。

kin@gakusyu.gr.jp

 

**********

 

『学習の友』別冊「気候危機・感染症・環境破壊を考える」絶賛発売中!

f:id:gakusyu_1:20210708141224j:plain

f:id:gakusyu_1:20210708141235j:plain

ご注文・お問い合わせ・学習相談は下記まで。

tomo@gakusyu.gr.jp

『月刊全労連』2022年7月号

『月刊全労連』2022年7月号の紹介が全労連ホームページにアップされています。
http://www.zenroren.gr.jp/jp/index.html

 

**********

 

2022年度・勤労者通信大学受講生募集中!(9月末まで)

“知を力”に、労働組合運動をはじめとする社会運動、市民と野党の共闘を前進させ、参院選自公政権を追い詰めよう!

 

f:id:gakusyu_1:20220314164156j:plain

 

受講申込・資料請求・各種お問い合わせ・学習相談は下記まで。

kin@gakusyu.gr.jp

 

**********

 

『学習の友』別冊「気候危機・感染症・環境破壊を考える」絶賛発売中!

f:id:gakusyu_1:20210708141224j:plain

f:id:gakusyu_1:20210708141235j:plain

ご注文・お問い合わせ・学習相談は下記まで。

tomo@gakusyu.gr.jp